七夕

とうとう三人で興行する事になりました。

 

これまでは一人での人形劇でしたが、

今回は少し大がかりに舞台をつくり、

夏の夜空の感じをだそうと頑張りました。

 

子どもたちは夢の気分に入り込んで、

とても静かに観賞してくれました。

お母さんたちは身につまされたと言って、

七夕の悲しいお話を大人風に楽しんでくださいました。

 

またゴロゴロと荷物を引いての電車移動は、

始めてのどさ回り気分を味わえるものでした。

楽しかった!!

 

今度は8月に「ルンペルシュティルツヒェン」青梅でお会いしましょう。