ゆきんこ花まつり

4月11日まだ秋田では所々に雪がのこっていて、風の冷たい日でしたが、

とってもすばらしい自然たっぷりの田舎、大曲の町(精巧堂印刷所)で人々に人形劇「花さかじい」を見ていただきました。

 

子どもたちも大人の人も、こんな人形劇があるのかあ~

といった感じで、かぶりつき状態の人形劇が上演されました。

嬉しかったですねえ。

 

子どもたちがあまりにも自然な態度ですから、

つい内心では微笑ましく思いつつも、できるだけ顔にださないようにして、

でもつい微笑んでしまうのを押さえられず、

私の方がとてもとても楽しませていただきました。

 

もっと時間があったら、野山を歩いて地元の人々の秋田弁をいっぱい聞きたかったのにね。

ふきのとうは、電車の窓越しでしか見れなかった。残念!!

次回はきっと、、、。

でもこんどはどこへ行く事になるのか楽しみです。