語るということは・・・語り方がものをいいます。

昔ばなしを語る。声に出して語る。なんて事はないと思われるでしょうか? 話の内容と同じく、いやそれ以上に語りかたが聞き手に作用します。特に子どもには、語りかた次第でお話が観えるものになります。語り方は言語造形家の先生にけいこしていただきます。

 

講座情報

つの笛座では、人形の制作から上演までの一通りを実際に体験することができる講座を開いています。なぜ子どもたちの成長に昔話の世界が必要なのか、読書会を行ったりもしています。講座はどなたでも参加可能です。手を動かしながら、昔話の奥深い世界を探っていきましょう。各講座のお問い合わせは、問い合せフォームからお願いします。

 

2017 新たな講座がはじまります。

            新 メールヒェン講座

 

昨年につづきグリム童話「メールヒェンの絵ことば」をよみ進めます。

一方で日本のむかし話と照らし合わせつつ、メールヒェンのもつ奥深さを探していきましょう。

教育する人、保育する人にとって、お話しにどのような力が潜んでいるのか、人間学の観点からも少し深めたいと思います。午後は、季節のテーブルに使える小物作りや、タペストリー、たち人形など、時に応じて作っていく予定です。

 

日程     2017年 6月~12月 すべて第一日曜日 (全7回)  

時間     午前 10:00~12:00  メールヒェンを読む

       午後 13:30~15:30  人形作りなど

場所     カフェ・イズミ

       川崎市高津区下作延3-20-5

参加費       一コマ 2,500円 (一日5,000円) (支払いに関しては申し込み時にお問合せください。)

申し込み・問い合わせ 080-5473-7889

          つの笛座 問い合わせファームからお問合せいただけます。

持ち物    裁縫道具・上履き

 

※ 単発の参加もありですが、可能な限りで連続の参加をお願いいたします。

講師 つの笛座 角口さかえ

 

こちらは既に終了いたしました。

↓↓↓↓

新たに参加者を募ります。

7月から始まった連続講座は熱く・そして夏の暑いなかでおこなわれています。 

                  (実際は涼しいですが・・・・笑)

単発の参加者があったため、10月からは席に空ができました。

単発の参加ではやはり内容を深めることが難しいですので、

可能な限りで連続をお勧めいたします。

 

参加者の皆さまと創り上げる形がなんとも言えず充実しています。

楽しいです。あえて申し上げますが、少し難しいです。

それでも非常に重要な内容ですから、関心をお持ちの方お問合せください。

 

下記の内容をご覧ください。

 

 

 

 

2016年 7月 ~ 2017年 3月 全8回の連続講座

特に幼児教育にたずさわる人にとって必要と思われる内容を重点的にもりこみました。

人形劇をできるようになりたい人。

お話しを語る人。

メールヒェンってそもそも何か・・と関心を持たれる人。

自然な声をだすにはどうしたらよいか・・と思われる人。

 

子どもの教育にたずさわる人が、みずからで何かけいこ事にむかって努める姿勢が、

しだいに良い影響を子どもたちにあたえるのではないか・・と。

そんな期待をこめておおくりする今回の企画は、基本の文献をひもといたりします。

考える事。心を動かす事。そして手足・全身を使って集中します。

 

限られた場所と時間の中ですが、熱い意欲で向かいたいと思います。

参加者の数が12名と限られています。

お早めに、お申込みください。

            スケジュール

 

土曜日コース

             10:00~12:00        13:30~14:30      15:00~17:00

2016年

7/2    メールヒェン        言語造形        テーブル人形作り

8/6    メールヒェン        言語造形        テーブル人形作り

9/3    メールヒェン  アンカヴァーリング・ザヴォイス   上演練習

10/1  メールヒェン  アンカヴァーリング・ザヴォイス     上演練習

11/5  季節の祝祭                  言語造形         季節の人形作り

12/3  季節の祝祭            言語造形         季節の人形作り

2017  

2/4   季節の祝祭    アンカヴァーリング・ザヴォイス  上演練習など

3/4   季節の祝祭   アンカヴァーリング・ザヴォイス    質疑など

 

 

日曜日コース

2016年 7/3  8/7  9/4 10/2  11/6  12/4 

2017年   2/5  3/5

午前10:00~12:00

  『季節の移り変わりをともに生きる・四季のイマジネーション』ルドルフ・シュタイナーの講演録を    読む

午後13:00~15:00

   いくつかのテーマにそって進めます。

   「ライゲン・動き遊び」「子どもの教育・精神科学の立場かん観た」ルドルフ・シュタイナー著などを参考にします。

場所 カフェ・イズ三

   神奈川県川崎市高津区下作延3-20-5

     東急田園都市線・梶が谷駅より徒歩10分

   詳しくはお問い合わせください。

参加費 連続参加・土曜日コース

1日7000円(8回合計56,000円+1000材料費)

★連続講座ですが、単発の参加も可能です。

    単発参加

1日9000円+材料費1000円+会場費500円

    日曜コース

1日5000円

 

お申込みの際5000円を申し込み金としてお振込みください。(申し込み金は返済不可です。あらかじめご了承ください。)

残金は手渡しでも振込でも可能です。分納も可。振振込先

ゆうちょ銀行

記号 10060-2 番号 85107621

ツノブエザ

申し込み 期限 2016年 6月 10日

持物   上履き 筆記用具 裁縫道具

 

※ お子様の同席はできません。

  宿泊施設はありません。ご自分で手配されてください。

 

問い合わせファームからもご連絡おうけします。

不明な点、質問など気軽にお申し出ください。 T・F 080-5473-7889

 

第一回 メ―ルヒェンについて学んだあとは、体を動かして言語造形「語り」の練習をしています。

みなさん笑いが絶えません・・・・

楽しい でも 今までにない刺激を受けています。

 

遊びも必要・・・と思います。

そこで、こうなりました。↓

秋のお話にむけての講座

  「さるとかに」

テーブル人形劇で行いたい方

いっしょに作りましょう。

いつものように語りのけいこと人形作り方の講座ですのでふるって応募ください。

 

2014 秋の講座がはじまりました。

 

第一回 語り「言語造形」の時には、子どもの育ちについてもお話があり、先生や父母のみなさまにはためになる内容がもりだくさんでした。

そして、声にだす・・語る・・ことが、新しい方向から捉えられます。自分の語り方が少しずつ変化することを体験できたことでしょう。

 

人形作りは、少し欲張って「ヤマドリ」と「オコゼ」のふたつをつくりました。

ちょっと時間ぎれとなりましたが、自宅での課題として次回に持ち越されました。

 

参加者の皆さまは みなさんとても熱心です。

贅沢な時間との声も聞こえてきましたが、小さい子どもたちと関わる人々の熱い思いをなにがしかの形にできれば、それで十分!!

 

 

 

「星の金貨」

人形セットを作ります。語る練習もいたします。

ご存じグリム童話のお話ですが、子どもたちに人形劇をしてあげたい・・と思われるかたなら

どなたでも参加できます。

星の金貨なの?銀貨なの?という質問が聞こえてきそうですね。

あるいは、こんなに短いお話なのに、どうしてここまで心打たれる内容なのでしょぅ?

何か深いものがありそうな感じがしますけど・・など、いろいろ語り合いながら、人形を作りましょう。

 

 

日    2014  6月1日   7月6日   (いずれも第一日曜日)

時間   10:00~11:30   語り(言語造形) 鈴木一博

       13:00~15:00      人形作り    角口さかえ

参加費  各回ごとの参加 2,000円

     全4回通し   7,000円

場所   新宿区内の施設(お申込みの方にご連絡いたします。)

材料費  500円程度 (いずれも会場でお支払ください)

問い合わせ・申し込み

     080-5473-7889  カクグチまで

     email:  iiisaka@nexyzbb.ne.jp

          つの笛座問い合わせフォームからもアクセスできます。

 

 

秋からの講座

語りの練習と人形作り

シュタイナー人形劇にふれる〜語りと人形づくり〈連続3回講座〉

2014年 秋からの講座は今調整中!

 

 

近日中にお知らせします。

 

ご期待ください。

さていったい四匹はいかに!!
さていったい四匹はいかに!!